Laboratory


laboratory01

"進化"は止まらない。
ジーベック・ラボ稼動。

創立30周年を機にCIを導入し、社名を『GEEBEC』としてから15年。私達は、今また新たなる進化の一歩を踏み出しました。
地質調査のプロフェッショナルである私達にとって欠かすことのできないのが“土質試験”。
これまでは本社内におきまして業務を進めてまいりましたが、このたび、より充実した設備・機器を備えた新たな研究施設として『ジーベック土質研究所(ジーベック・ラボ)』を建設いたしました。
これにより以前にも増して、より速く、より正確な土質試験を大量に行うことが出来るようになりました。
そして私達は、お客様のニーズに的確にお応えできるよう、さらに次を目指し進化していこうと考えています。


laboratory02




laboratory03




laboratory07

<土質試験>
・含水、土粒子密度、粒度、液性・塑性限界試験
・強熱減量試験
・有効間隙率試験、超音波速度試験、スレーキング試験
・締固め試験、CBR試験、透水試験
・一軸、三軸、(φ50~150)圧縮試験、圧密試験
・繰返し三軸試験(液状化・動的変形試験)
・砕石材料試験、骨材料試験
…など道路、造成、建築、
 土木工事に関わる各種土質試験及び原位置試験



所長:松浦好樹
平成13年4月竣工
平成13年5月稼動

土質・岩石試験

土を科学する。土の特性を知る。
土質試験部門

最新機器を備え、充実した独自の専門機関「土質研究所(ジーベック・ラボ)」を中心に、豊富な経験と高品質の技術力を活かし、物理試験から三軸圧縮試験、圧密試験、データのコンピュータ解析など精度の高い様々な検査・分析を行っています。

□ジーベックの土質検査をユニークにしているのは
 エコロジックな研究姿勢と、先進システムです!

地質調査のプロフェッショナル、ジーベックにとって必要不可欠なものが、土質試験です。地質を知るためには、まず、その構成物質である『土』の特性を十分に学び、理解しなければならないのです。コアをピックアップしての物理試験から始まり、三軸圧縮試験、圧密試験、そしてそれらデータのコンピュータ解析など精度の高い結果が、豊富な経験と最高の技術力によって生み出されています。その信頼性は、県内全域にわたる砕石検査を一手に手がけていることからも証明されています。しかしそれに止まることなく、常に新しい技術、新しい試験機器の研究開発も独自に行うことによって、さらに地域社会のため貢献していきたいと考えています。

コンピュータ室三軸圧縮試験
コンピュータ室

三軸圧縮試験

CBR試験(一度に多量な試験可能)液状化試験
CBR試験(一度に多量な試験可能)
 
液状化試験